このブログの見どころ


1.マンションの売主デベロッパーが倒産したらどうなるの?  コンテンツの順序が逆さになってますが、ご勘弁を

2.マンションの構造

3.マンション選びのコツ

4.オール電化マンションのメリット・デメリット

5.マンションと災害(東北関東大震災の教訓)




横浜の家具屋さん大正堂の宣伝です。ちょどいい家具屋さんです。

絶対お得な、リクルートのアンケートです。 アンケート回答でもれなく5000円の商品券がもれなくもらえます。





送料無料!お取り寄せ通販特集


ハザードマップ マンションを買う前に必見!

マンション購入を検討する際に、最寄り駅までの距離、ショッピング施設や公共機関までの距離、子供の教育機関までの距離などの立地を重要視しますが、つい見落としてしまうのはそのエリアの自然災害による影響です。


何十年に一度、何百年に一度起こるかどうかわからない自然災害ですが、万が一大規模な自然災害が起こった場合に、そのエリアにどのような影響があるのか、事前に知っておく必要があります。


その起こりうる災害についての情報として重要なものが、各自治体が公表している「ハザードマップ」です。「ハザードマップ」とは、自然災害による被害を予測し、予測される自然災害の発生地点、その際の被害の範囲や被害程度、さらに避難経路、避難場所などの情報が地図上に示されています。


「ハザードマップ」には「洪水ハザードマップ」「内水ハザードマップ」「高潮ハザードマップ」「津波ハザードマップ」「土砂災害ハザードマップ」「火山ハザードマップ」などがありまして、それぞれの災害に対する被害可能性と非難地区などについて書かれています。


マンションを購入予定の方は、予定地域のハザードマップを確認してみてください。各地方行政のHPを見れば公開されているはずです。私の住む横浜市でもハザードマップを公開しているので、是非横浜市にマンション、戸建ての購入を検討している方は参考にしてみてください。
http://wwwm.city.yokohama.lg.jp/



全国の「ハザードマップ」は国土交通省のホームページに「ハザードマップポータルサイト」というページがありますので、こちらも参考にしてください。
http://disapotal.gsi.go.jp/index.html



既にマンションを買った方も避難地区、非難ルートなど確認してみてください。
にほんブログ村 住まいブログ マンションへ
にほんブログ村