このブログの見どころ


1.マンションの売主デベロッパーが倒産したらどうなるの?  コンテンツの順序が逆さになってますが、ご勘弁を

2.マンションの構造

3.マンション選びのコツ

4.オール電化マンションのメリット・デメリット

5.マンションと災害(東北関東大震災の教訓)




横浜の家具屋さん大正堂の宣伝です。ちょどいい家具屋さんです。

絶対お得な、リクルートのアンケートです。 アンケート回答でもれなく5000円の商品券がもれなくもらえます。





送料無料!お取り寄せ通販特集


オール電化マンションは災害に強い?

「オール電化マンションについて1、2、さーん(アホになって)回かいてきましたが、はまりんは結局、ガスを使用したマンションを買いました。

オール電化マンションについて
オール電化マンションはエコ? 」
オール電化マンションはエコ? その2


なぜガス使用のマンションを買ったかというと・・・・


ノウハウの蓄積されたものを買うのが主義だからです。



ノウハウの蓄積されたものというのは、何かというと
例えるなら、トヨタ カローラです。 カローラ生誕から数十年が経っていますが、このお手頃価格の車には日本のトヨタの数十年の英知が凝集されています。 長い歴史を経て、多くの問題をクリアしながら現在の形になったのです。 おかげで、トヨタカローラは地味(失礼!)ながらも今の信頼と地位と値段を築いています。 


ガスも同じです。 ガスも人間の生活に長い歴史を経て今の地位と信頼があるのに、それをいきなり歴史の浅い電気に変えるというのは少し抵抗があります。 時代の流れでいずれ電気に変わると思っていますが、まだ自分が買うには早すぎると思います。 もう少し歴史を積み重ねてほしいです。

また、リスクを分散するという観点からガスと電気の併用をお勧めしたいです。 リスクというのは、災害時のリスク、コストリスクなどいろいろありますが、エネルギー源を分散させることによりリスクも分散させられます。 現に、電気料金ですが今年の8月(だったかな?)から、電気料金が値上げになります。原因は石油価格の高騰です。 オール電化マンションはコストリスクをもろに受けることになります。

これに対し、災害時は電気の復旧のほうが早いという方も多いと思いますが、災害時に一番役に立つのはイワタニのカセットコンロです。 災害時にこれにかなうヒーターはありません。





にほんブログ村 住まいブログ マンションへ





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102794297

この記事へのトラックバック