このブログの見どころ


1.マンションの売主デベロッパーが倒産したらどうなるの?  コンテンツの順序が逆さになってますが、ご勘弁を

2.マンションの構造

3.マンション選びのコツ

4.オール電化マンションのメリット・デメリット

5.マンションと災害(東北関東大震災の教訓)




横浜の家具屋さん大正堂の宣伝です。ちょどいい家具屋さんです。

絶対お得な、リクルートのアンケートです。 アンケート回答でもれなく5000円の商品券がもれなくもらえます。





送料無料!お取り寄せ通販特集


マンションのデベロッパーが倒産したらどうなるの? 3

マンションのデベロッパーが倒産したらどうなるの? 3

売主が倒産すると、瑕疵担保責任によるアフターケアが受けられない話は前回しましたが、
そのほかにも不利な点が出てきます。

マンションの専有部分はすでにあなたのものですが、共有部分はどうでしょう。
共有部分の、キッズルーム、プール、リラクゼーションスペースなど、誰のものであるかチェックしたことはあるでしょうか?

もし、これらのスペースが売主のものとか、管理会社の所有になってたりすると、倒産によって共有部分の所有者が変わることになるので、何かと不都合が出てくる可能性があります。 例えば、運用のルールが変わったり、管理費用が高くなったりという変化です。

ただ、売主のデベロッパーの倒産の種類にもいろいろあります。 会社更生法とか民事再生法の適用という言葉を聞いたことがあるかも知れません。  これらの法律の適用によってどのようにマンションの所有者のあなたに影響があるのでしょうか?

それは、また次回・・・・


わしのブログよりためになるブログがいっぱいありまっせ
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 住まいブログ マンションへ





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111235372

この記事へのトラックバック