このブログの見どころ


1.マンションの売主デベロッパーが倒産したらどうなるの?  コンテンツの順序が逆さになってますが、ご勘弁を

2.マンションの構造

3.マンション選びのコツ

4.オール電化マンションのメリット・デメリット

5.マンションと災害(東北関東大震災の教訓)




横浜の家具屋さん大正堂の宣伝です。ちょどいい家具屋さんです。

絶対お得な、リクルートのアンケートです。 アンケート回答でもれなく5000円の商品券がもれなくもらえます。





送料無料!お取り寄せ通販特集


売主デベロッパーが倒産したらどうなるの? 7

デベロッパーが売買契約が成立した後で民事再生法、会社更生法を適用した場合ですが、この場合事業を継続しますので、後はマンションの竣工を待つばかりのはずですが・・・・

竣工が当初の計画どおりにいくとは限りません。 倒産したのですから、下請けとのもろもろの調整も入ると考えられます。 まあ、デベロッパーの都合なのですけどね。
この場合、特別な理由がない限り、賠償請求もできません。

また、事業を継続するとはいえ、倒産した会社のマンションを買うのは何となく気が引けますよね。 しかし、残念ながら売主デベロッパーが事業継続の意思があるのに一方的に売買契約を解約することはできないと思うのですよ。
この場合、残念ながら泣き寝入りの可能性が高いです。


では、どのようにしたら倒産でペロッパーの物件をつかまずにすむでしょう。


答えは、次回をお楽しみに。(引っ張りすぎ)



にほんブログ村 住まいブログ マンションへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

企業 倒産
Excerpt: トヨタの負債は12兆円 何年か千億単位の赤字が続けばどんな大企業でもあっという間に倒産する。 共産党やエコノミストは一切それに触れずに視聴者を騙し続ける。 企業経営は大勢の人が思っているほど簡単では..
Weblog: 本日のネットで話題のニュース速報
Tracked: 2009-02-04 06:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。