このブログの見どころ


1.マンションの売主デベロッパーが倒産したらどうなるの?  コンテンツの順序が逆さになってますが、ご勘弁を

2.マンションの構造

3.マンション選びのコツ

4.オール電化マンションのメリット・デメリット

5.マンションと災害(東北関東大震災の教訓)




横浜の家具屋さん大正堂の宣伝です。ちょどいい家具屋さんです。

絶対お得な、リクルートのアンケートです。 アンケート回答でもれなく5000円の商品券がもれなくもらえます。





送料無料!お取り寄せ通販特集


売主デベロッパーの倒産を避けるにはどうしたらいいの? 8(最終回) 

さて、それではどの売主からマンションを買えばいいのでしょう。 どの売主からマンションを買えば倒産を避けられるのでしょう


これは私の持論ですが、時価総額が大きく、財務が安定した売主デベロッパーから買うことが、素人が簡単に安全性を見分ける方法だと思います。

MAJOR7ってご存知でしょうか? 

MAJOR7ホームページ

これは、日本の主力マンションデベロッパーが共同で作っている、マンションに関するHPなのですが、次のメンバーが参加しております。
住友不動産
大京
東急不動産
東京建物
藤和不動産
三井不動産レジデンシャル
三菱地所
野村不動産

これらのデベロッパーから買っても、もちろんクレームもありますし、地域住民の反対運動などもあります。 しかし 、つぶれて瑕疵担保などのアフターサービスを受けられなくなることを考えれば、これらのデベロッパーは比較的安心できるのではないでしょうか。

例えば、ヒューザーのように耐震偽装問題を起こした会社は、事件後の保障が払えずにいともあっけなく倒産した記憶があります。  

大手のデベロッパーの場合、体力がありますので、これらの問題があったとしても潰れる可能性は小さくなります。 ちなみに、私の知り合いの建設関係者曰く「大手のゼネコンやマンデベは、談合はするが、手抜き工事はしない」とのことです。 大手の方が、小さな事件を起こしても大きく報道されますからね。 注意深くなるでしょう。

 また、仮に倒産したとしても、再生機構の支援なども期待できるため、民事再生、会社更生などの処置が考えられるため「破産」などと比べて、買主の権利が守られる可能性も高いです。

これら8つのマンションデベロッパーの中には、大京、藤和不動産など、すでに再生企業になっているところもありますし、MAJOR7以外にも、大和ハウス工業、長谷工(ここも再生企業ね)、阪急不動産などの大手老舗もありますし、オリックス不動産、コスモスイニシアなどのグループ企業もありますので一概にこのMAJOR7だからいいというわけではありません。

しかし、「大手のデベロッパーの方がつぶれにくい」ということは、マンション選びの時に頭の片隅に置いておいてください。



にほんブログ村 住まいブログ マンションへ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115295485

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。