このブログの見どころ


1.マンションの売主デベロッパーが倒産したらどうなるの?  コンテンツの順序が逆さになってますが、ご勘弁を

2.マンションの構造

3.マンション選びのコツ

4.オール電化マンションのメリット・デメリット

5.マンションと災害(東北関東大震災の教訓)




横浜の家具屋さん大正堂の宣伝です。ちょどいい家具屋さんです。

絶対お得な、リクルートのアンケートです。 アンケート回答でもれなく5000円の商品券がもれなくもらえます。





送料無料!お取り寄せ通販特集


東北地方太平洋沖地震

今日(3月11日)の東北地方太平洋沖地震はすごかったですね。 地震の揺れが「これでもか」といわんばかりに続きました。 横浜の私のマンション(震度5と報道)では、本棚の本が落ちたくらいで運良くダメージはありませんでした。 

ニュースではM8.8で国内では最大規模の地震だとか。 テレビでニュースを見ると、特に東北、仙台は津波も合わさってひどい状態です。 

今回の地震で感じた所感です。この地震で気づいたことですが、木造の家屋は倒壊しているようですが、鉄筋コンクリートは倒壊が見られないことです。(ニュースの画像なので、実態はなんともいえませんが)。

阪神・淡路大震災では、多くのビルや、高速道路が倒壊したのですが、今回の東北地方太平洋沖地震はマンションなどの鉄筋コンクリートが倒壊している様子が見られません。 これは、宮城は阪神地区に比べて高い建物が無いこと(失礼! ニュースを見た感想です)、阪神地区は早くに開発されたために耐震対策が万全ではなかったのではなかったのでしょうか?


今回の東北地方太平洋地震で、マンション業界は耐震等級の高いマンションの売り出しを考えると思います。 耐震偽装問題の直後は耐震等級2のマンションが数多く売り出されました。 しかし。現存するマンションはほとんどが耐震等級1です。 


すでに、耐震等級1のマンションを買って後悔している方も多いと思いますが、その必要はないのではないかと思います。 なぜかというと、観測至上最大のM8.8の地震でもマンションの倒壊がほとんどないということは、現在の耐震等級1のマンションでも大地震に十分耐えうるものなのだと考えています。


参考までに過去記事です。
耐震等級は高いほうがいい?


ちなみに、耐震等級は、設計住宅性能評価書の耐震等級1は極めて稀に(数百年に一度程度)発生する地震(震度6度強から7程度)に対して倒壊、崩壊しせず、稀に(数十年に一度程度)発生する地震(震度5強)に対して構造躯体に損傷を生じないレベルといわれており、耐震等級2(病院、学校レベル)はその1.25倍の地震に対抗できるレベル、3(消防署レベル)は1.5倍の地震に対抗できると定義されています。



東北地方太平洋沖地震の被害が少ないことを願っています
にほんブログ村 住まいブログ マンションへ
にほんブログ村
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/190116929

この記事へのトラックバック