このブログの見どころ


1.マンションの売主デベロッパーが倒産したらどうなるの?  コンテンツの順序が逆さになってますが、ご勘弁を

2.マンションの構造

3.マンション選びのコツ

4.オール電化マンションのメリット・デメリット

5.マンションと災害(東北関東大震災の教訓)




横浜の家具屋さん大正堂の宣伝です。ちょどいい家具屋さんです。

絶対お得な、リクルートのアンケートです。 アンケート回答でもれなく5000円の商品券がもれなくもらえます。





送料無料!お取り寄せ通販特集


マンション選びの注意点:大きな梁ギロチンに注意

梁が天井から大きく突き出しているマンションがまれに見られます。 これはギロチンといわれているのですが、マンション選びの時に注意が必要です。


大きく長い梁が天井から突き出していると、天井から圧迫感を感じるだけでなく、電灯から影になり部屋の一部が暗かったりするからです。  


既にマンションを契約しているあなた。 私の家は大丈夫と思っていませんか?
このギロチンは図面には点線が横に2本引かれているだけで、図面上はほとんど分からないからです。  図面上では問題が無いため契約したものの、実際の部屋を見たらギロチンの存在感の大きさにビックリ! なんてことがあるかも知れませんよ。
それに、売主にクレームを言ったところで、「図面にはきちんと書いてある」とか「梁が出ているだけなので実生活には影響しませんよ」なんて言われちゃいます。


マンションの図面を見て2本点線の下り天井のような部分を見つけたら、どのくらい天井が下がっているのか注意してください。
この記事へのコメント
大梁は防音室が無くても、音が梁伝いに全館に分散されるそうです。(隣接したお宅だけに集中して響かないそうです。)大梁だと重いピアノ荷重もよく耐えられるとも。防音リフォームで5畳300万でした。アップライトのピアノは上手く大梁下にハマッテいて暗くないし、将来は小型のグランドピアノを入れる予定です。個室なら頭を突っ込んで寝たら静かなのかも?
Posted by 防音室ある匿名 at 2011年03月21日 23:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。