このブログの見どころ


1.マンションの売主デベロッパーが倒産したらどうなるの?  コンテンツの順序が逆さになってますが、ご勘弁を

2.マンションの構造

3.マンション選びのコツ

4.オール電化マンションのメリット・デメリット

5.マンションと災害(東北関東大震災の教訓)




横浜の家具屋さん大正堂の宣伝です。ちょどいい家具屋さんです。

絶対お得な、リクルートのアンケートです。 アンケート回答でもれなく5000円の商品券がもれなくもらえます。





送料無料!お取り寄せ通販特集


年収300万以下でも意外と高い持家比率! 持ち家比率80%?

本日、こんなニュースを見かけました。


40歳未満、持ち家比率低下=住宅ローン重荷に―国交白書
時事通信 7月2日(火)10時23分配信
記事の引用です。
< 太田昭宏国土交通相は2日の閣議に、2012年度版国土交通白書を報告した。
白書は住宅ローンの負担が重くなっている傾向から40歳未満の持ち家比率が低下し、民間賃貸住宅に住む割合が増加していると指摘。国交省は、良質な賃貸住宅の供給支援などが必要だとしている・・・・・・・・>


持ち家8割、夢とリスク 低所得層で急増、価格・金利の低下追い風(日本経済新聞 平成25年3月18日付)という記事をみかけ、違和感を感じておりました。記事によると

<マイホームを持つ世帯の比率が上昇している。総務省の家計調査によると、2012年は2人以上の世帯の持ち家率が81.4%と前年から2.5ポイント増え、
4年ぶりに過去最高を更新した。特に伸びているのは低所得層だ。庶民の夢がかないつつあるとしたら、その背景は何か。家計のリスクはないのだろうか。
世帯年収を5分割したうち一番低い層(平均年収263万円)の持ち家率は今年1月に82.4%で、直近で低かった11年7月から10ポイント以上も上昇した。
年収別で3位の世帯(平均年収513万円)の80.1%を上回る。全体の持ち家率も83.7%で、比較可能な1995年以降で最高だった。・・・・>

とあります。言いたいことはわかりますが、
カラクリを申し上げますと次のようになります。


同じ「総務省家計調査」のデータを「年収別」ではなく「世帯主年齢別」でみるとよくわかります。年齢階層別の持家状況は以下の通りです。


2012年年代別持ち家比率
20130702年齢別持ち家比率.jpg



30代以下の持家比率は50%程度なのが、60代以上になると90%を超えます。
比較的年収が低い20代後半から30代の「はじめてマイホームを買う世代」、年齢別でみると、年齢が上がるにつれて持家比率が上がっています。


このデータの示していることですが、平均年収263万年で持ち家を持っているのは、「若くても住宅ローンを借りて家を購入する人が増えている」ではなく。
「年収263万円のジジババのほとんどが持ち家を持ってます」という事です。

皆さん、騙されたら行けませんぜ!


年収263万円の若い方は自分だけ持ち家を持っていないと考えずに、
自分も貯金して頭金をためたら、しっかり家を買うことは可能ですので、
自分で考えてライフプランを立ててください。







新聞の記事を読みかたも勉強が必要ですね
にほんブログ村 住まいブログ マンションへ
にほんブログ村


アベノミクスで住宅ローン金利が上昇する?

大胆な金融緩和で景気対策を行う安倍政権のアベノミクスですが、これってうまくいけば、物価はインフレに突入するわけです。 アベノミスク成功を仮定して住宅ローンを返済について書きます。

現在、一般的な住宅ローン金利は固定2%程度に対して変動0.8〜0.9%程度。 超低金利に魅了されて変動を選んだ家庭が4割以上を占めているという。ちなみに 、残りの3割が期間固定型、と3割が全期間固定型で借りているそうです。

アベノミスクスがうまくいって景気が上昇すると、住宅ローンの変動金利もつられて上がってしまう恐れがあります。 どのような計算かはっきりしませんが、金融関係者の中では、安倍政権の狙い通り+3%の経済成長をすると、金利も3%程度に上昇すると言われています。

仮に3000万円の住宅ローンを変動金利1%、35年返済で借りたケース金利が1%がいきなり3%になったと仮定すると、現在、毎月の返済額8万5000円程度ですが、この金利が3%に上昇したと仮定すると、月13万8000円程度になります。


現在、変動金利の多くは5年ルールといって、毎月の返済額が変動するのが5年に1回になっているローンが多いと思います。毎月支払う金額は同じでも、元本と利息の返済の比率が変わってくるはずです。
つまり、金利が変わってしまうと、元本が減らずに、利息を多く払い続けることになるということです。


上記のシミュレーションは金利がいきなり1%→3%に上がった時のシミュレーションですが、実際には金利はゆっくり上がること、景気が上昇すると給与も上がること、などが考えられますので、ご安心ください。


逆に怖いことなのですが、現在アベノミスクの効果で景気が良くなり始めていますが、物価の上昇、金利の上昇が止まらない状態になることをはらんでおります。1991年のバブル全盛期には住宅ローン金利は8.5%まで上昇しましたから、住宅ローン金利3%というのは決して高い金利ではないと言えます。






にほんブログ村 住まいブログ マンションへ
にほんブログ村

新生銀行の自動繰り上げ返済ローン

新生銀行の自動繰り上げ返済ローン


繰り上げ返済はなるべく早く行いうのが鉄則ですが、私はまだ繰り上げ返済をしておりません。 なんとなく面倒なのと、繰り上げ返済にも手数料がかかるので、また計算するのが2重に面倒になってしまいます。

そんな面倒くさがりの方にお勧めなのが、新生銀行のように「自動繰り上げ返済」ができるローンです。
「自動繰り上げ返済」とは、住宅ローンを組む時に開設する口座に給与振込や一時金などゆとりの資金をためてある一定額を超えると、自動的に繰り上げ返済する仕組みです。 もちろん手数料は無料。

私はマンション購入時のいろいろなメリットを考えてマンションの提携銀行のローンを利用していますが、新生銀行の「自動繰り上げ返済」はめんどくさがりの私には魅力的です。


繰り上げ返済は1月が得です!
にほんブログ村 住まいブログ マンションへ
にほんブログ村


フラット35融資上限引き上げ

政府与党の追加経済対策案の中にフラット35の融資限度額を売買価格の100%に引き上げるというニュースを見ました。 100%まで引き上げるということは頭金が必要ないということです。


これは私の想像ですが、この政策は今頭金をためていない人、若い人を住宅購入に誘導することが狙いなのだと思います。 

30歳の平均年収406万、35歳の平均年収468万円(HPから探しましたが、業種によって異なります)、

30歳
年収400万円の借入上限が3000万です。
35年返済で毎年の返済額が139万円 、毎月11万6000円



35歳 
年収470万円で借入上限が3530円借りるとすると
毎年返済額が164万円、毎月返済額13万6000円


となります。

まあ、自分の手取りから計算して、これで生活できるという方は良いのですが、
早い話、頭金なしで支払いをすべてローンで払うのは基本的に反対です。
頭金0円の言葉に踊らされず、買った後の支払のことも考えてローンを組んだ方がよさそうですね。


会社の後輩の〇原君がだまされてマンション買いませんように
にほんブログ村 住まいブログ マンションへ



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。