このブログの見どころ


1.マンションの売主デベロッパーが倒産したらどうなるの?  コンテンツの順序が逆さになってますが、ご勘弁を

2.マンションの構造

3.マンション選びのコツ

4.オール電化マンションのメリット・デメリット

5.マンションと災害(東北関東大震災の教訓)




横浜の家具屋さん大正堂の宣伝です。ちょどいい家具屋さんです。

絶対お得な、リクルートのアンケートです。 アンケート回答でもれなく5000円の商品券がもれなくもらえます。





送料無料!お取り寄せ通販特集


マンションの杭2

マンションの杭について以前書きましたが、東日本大震災後に「杭」が非常に重要な部分である気が強まってきました。マンションの杭はどんな役割をしているでしょう。


マンション設計の前に、まず建設場所の地質調査や標準貫入試験などの地盤調査を行い、支持地盤の位置を確認してから、地盤に合わせて「直接基礎」にするか「杭基礎」にするか、マンションの基礎を検討します。
マンションを支える基礎は、建物の底部を地盤で直接支える「直接基礎」と、杭を打ち込み、その上に建物をのせる「杭基礎」の2種類。地表近くの地盤に十分な強度がある場合に「直接基礎」。地中深くに支持層がある場合に強固な地層にまで杭を打ち込むのが「杭基礎」だと考えてください。


マンション建設の場合は地盤調査をして地盤改良や杭など考慮した基礎を施して対策が立てられていると思いますが念のために確認しておく必要があります。例えば、川沿いの土地などは、地盤に問題がある場合が多いのです。


建築基準法では,マンションなど一定規模以上の建物の基礎は、支持層(良い地盤)に達していなければならないとしています。支持層(良好な地盤)とは、具体的にはボーリング調査による数値が50以上あるものです(N値、数値が大きいほど固い地盤)。
台地など地番が固いところでは数メートル掘っただけで基礎がつくれるケースがありますが、川沿いや湾岸エリアなどの地盤が柔らかい場合は,かなり深くまで杭を打ち込まなければなりません。


長い杭を打てばそれだけ工事費がかさみ販売価格に影響します。また、杭と杭を横につなぐ梁がないので、横からのゆれに弱く大地震では杭が損傷する可能性が高く、基礎に使う 杭 の長さはせいぜい20m〜30mではないかとまでといわれています。

埋立地などでは杭の長さが50mほどあるマンションもありますが、50mって、通常のマンションの15〜17階です。この長さの杭が地震によってダメージを受けても誰にもわかりません。


関連記事
マンション選びの注意点:マンションの杭の長さ


2010年に新築マンションを買った人にもれなく5000円の商品券がもらえるSUUMOアンケートです。





にほんブログ村 住まいブログ マンションへ
にほんブログ村

東日本大震災で体験した免震マンションの効果

今回の東日本大震災で、免震マンションに住んでいる人にどんなゆれだったか聞くことができました。

私の住んでいるのは横浜で震度5強でした、震度5程度であれば何回も体験しております。
私のマンションでは免震も耐震もないマンションです。会社にいたので地震の最中の現場は分かりませんが、鍵の開いていた窓が開き(閉めろよ)、コロが着いたワゴンは大きく動き、本棚が丸ごと動いて本も数冊落ちていました。 多くの家具の位置が微妙にずれていました。



これに比べて、10KMほど離れた免震のタワーマンションに住む友人の話しによると、家具は全く動くことも無く、テーブルの上に無造作に置いた広告が散らばっていただけだそうです。 


しかしですね・・・・。 12日、13日は土曜日、日曜日で会社は休みだったわけですが、この日はかなり震度2〜3の余震がつづきました。 


このとき、免震のタワーマンションに住んでいる友人は大きなゆれが長〜〜く続いたそうです。 なんか、ずっと船に乗っているようで、ほとんど船酔い状態だったそうです。
ご家族そろって目をまわしたり、頭痛に苦しんだそうです。


プロに言わせると、その長いゆれのせいで建物の倒壊を防いでいるそうです。免震マンションはマンション自体が揺れることにより、ビルの倒壊を防いだり、部屋の中の家具が倒れるのを防いだりすると聞いています。 


大地震には強いのですが、実は小さな地震に弱かった・・・というわけではありません。 いざというときのための免震構造ですからね。 玉にキズですよ。直下型地震で一気に倒壊することを考えれば安いものです。

関連記事
東北地方太平洋沖地震
耐震等級は高いほうがいい?


ノーリスクで絶対お得なスーモ(SUUMO)マンションアンケートです。





東日本大震災の被害から早く回復することをきたいしております。
にほんブログ村 住まいブログ マンションへ
にほんブログ村


宮城県石巻市に東日本大震災の被災者支援に行って参りました。

3月11日の東日本大震災とそれに伴う津波の影響で大きなダメージを受けた、宮城県石巻市で被災者支援をしてまいりました。 マンションとは関係は薄いですが、災害の現場を見るという意味で良い体験をしたので書かせていただきます。


被災者にカップラーメン、衣類、生活用品などを配布したり、ニュースで流れているようなことをしてきたわけですが、現地に行くと、ニュースで流れていないような一面も見ることができるわけで、そのことについて書きたいと思います。


支援をしているのは避難所で、多くの方が生活に不便、これらからの不安を感じながら生きている光景はニュースのインタビューで見ていると思います。実際に津波の被害を受けた海岸沿いの地域に実際に行って見ると、津波の被害の大きさに恐怖を覚えます。


この写真は下のグーグルマップの県道240号線から南浜町を見た写真です。 津波でほとんどの家屋が流されており、地平線の向こうに海が見えます。(写真はちょっと見ずらいですが)


地平線の彼方に海が見えます。
東日本大震災 石巻港 瓦礫の山



津波と火事で倒壊寸前のビルが・・・
東日本大震災 ビル


実際に行った地域ですが、下のグーグルマップの周辺です。 




この県道240号線付近ですが、グーグルマップの地図を見ると、この辺一帯がきれいな住宅地であったことが分かります。 近くに、日本製紙の工場があり、西側には、東海カーボン、東北東ソーなど上場されているような有名な会社の工場があり、東側は石巻漁港があります。 



地図をより拡大すると、この近所は碁盤目きれいに区画されており、住宅が立ち並ぶのが分かります。 南浜町のあたりを右クリックして、「この場所について」を選択すると、ストリートビューが現れます。 こうすると、津波の前後の違いがはっきり分かります。


県道240号沿いには、セブンイレブン、美容院、針灸院、郵便局、食堂などがあり、工場や漁港で働く人がこの近所に住み、昼休みにはコンビニで買い物したり、食堂で昼食を食べてまた職場に戻るのでしょう。 ほんの1ヶ月前までは、皆さんと同じような生活をしている街だったのです。


震災前の県道240号沿いの食堂です。 その脇には民家があります。
東日本大震災前の食堂



この瓦礫の山の中に何かを探している人が何人かいるだけで、本当に何も無いところでした。 治安い雰囲気で、これ以上ここにいるのは危険を感じたので写真を撮るだけで帰ってきましたが、ここは本当に日本か? という光景に目を疑いました。 以前、東京大空襲で焼け野原になった東京の写真を思い出しました。


テレビをつけなくても緊急地震速報が流れます。 便利なので紹介いたします。



2010年に新築マンションを買った人にもれなく5000円の商品券がもらえるSUUMOアンケートです。





にほんブログ村 住まいブログ マンションへ
にほんブログ村

計画停電の除外マンション(5)大病院は?

東北関東大震災と福島第一原発の事故の影響による計画停電の地区から除外されており、計画停電の無い地区に付いて考えてみました。火力発電所が復活させたものの、夏場にかけて電力の不足が予想されて、今年の夏は計画停電は避けられないでしょう。 計画停電に地区にされた地域が不公平、計画停電のある地域は、熱中症などの恐れがあります。


参考記事
計画停電の除外マンション(4)市役所、区役所は?
計画停電の除外マンション(3)東京電力の支社、支店
計画停電の除外マンション(2)
計画停電の無いマンション(1)
東北地方太平洋沖地震


今回は、大病院についてです。 横浜には東西南北4つの大病院があり、それぞれ横浜市の医療の中心になっております。(赤字が計画停電の地域に入ります)
恩賜財団済生会横浜市東部病院 鶴見区下末吉3丁目  
マリアンナ医科大学横浜市 西部病院 旭区矢指町   グループ2
恩賜財団 済生会横浜市南部病院  港南区港南台3 丁目
昭和大学横浜市北部病院 都筑 区茅ヶ崎中央
ついでに
独立行政法人労働者健康保険機構 横浜労災病院 港北区小机町


このように5つの病院のうち4つの大病院が計画停電の地域から除外されています。 東京電力は「停電があっても病院には発電車両を派遣する」とニュースで発言しておりましたが、ちょっと考えてみれば大病院の電力が発電車両で十分供給できるわけがありません。


これだけあれば安心の大きな防災セット、まだ在庫があるようです。


今年の夏はこれが大流行だぜ! 夏場は売り切れ続出?



都心は計画停電の数は減ってきましたが、今年の夏は大変そうです。
にほんブログ村 住まいブログ マンションへ
にほんブログ村

計画停電の除外マンション(4)市役所、区役所は?

東北関東大震災と福島第一原発の事故の影響による計画停電の地区から除外されており、計画停電の無い地区に付いて考えてみました。 計画停電に地区にされた地域が不公平との意見も出ています。 

参考記事
計画停電の除外マンション(3)東京電力の支社、支店
計画停電の除外マンション(2)
計画停電の無いマンション(1)
東北地方太平洋沖地震


まず、横浜市の災害対策の司令塔、兼避難所になるべき市役所、区役所について調べてみました。(赤字は計画停電に指定された地域)

計画停電除外地区
横浜市役所 中区港町
都筑区役所 都筑区茅ヶ崎
緑区役所 横浜市緑区寺山町
港北区役所 港北区大豆戸町
神奈川区 神奈川区広台太田町
泉区役所  泉区和泉町
瀬谷区役所 瀬谷区二ツ橋町
金沢区役所 金沢区泥亀
保土ヶ谷区 保土ケ谷区川辺町
磯子区 磯子区磯子
港南区 港南区港南中央通
中区 中区日本大通
南区 南区花之木町
西区 西区中央
旭区 旭区鶴ケ峰1丁目 (鶴ヶ峰2丁目はグループ2で計画停電地区に指定されています)
鶴見区 鶴見区鶴見中央

計画停電地区
戸塚区 戸塚区戸塚町        グループ3
青葉区役所 青葉区市ケ尾町    グループ5
栄区 栄区桂町          グループ1

結果ですが、横浜市役所と19の区役所のうち戸塚区、青葉区、栄区3つの区域を除いて全てが計画停電から除外されております。 特に最近は合同市庁舎が多くあり、区役所、警察署、消防署、病院などが同じ地区に併設されており、その地帯の計画停電地区から除外するのは当然の措置と考えられます。


簡単な検査でお小遣いが稼げます。 結構お得な治験のバイトです。





都心は計画停電の数は減ってきましたが、被災地の応援しましょう。
にほんブログ村 住まいブログ マンションへ
にほんブログ村

計画停電の除外マンション(3)東京電力の支社、支店

東北関東大震災と福島第一原発の事故の影響による計画停電の地区から除外されており、計画停電の無い地区に付いて考えてみました。 計画停電に地区にされた地域が不公平との意見も出ています。 

参考記事
計画停電の除外マンション(2)
計画停電の無いマンション(1)
東北地方太平洋沖地震


今回は、東京電力の支社、支店ついてだけでも記事になるので、もう一度記載します。
横浜市の東京電力の支社、支店、営業センターの計画停電の計画です。 (赤字が計画停電の地域)

東京電力鶴見支社 鶴見区鶴見中央
東京電力横浜支社 西区高島
東京電力神奈川支店 中区弁天通
東京電力中営業センター 中区長者町 
東京電力戸塚営業センター 戸塚区戸塚町 グループ3
東京電力中山営業センター 緑区中山町 グループ2

どうやら、東京電力の方針は支社、支店は計画停電しません。 電力供給の司令塔が停電になっては、計画停電の計画すら立てられません。 
営業センターは、司令塔とは言えません。 仕事といえば宣伝、営業、集金でしょう。 
停電くらい我慢せい(命令!) というところが見えてきます。 


災害にあったらこれは便利、携帯電話のソーラー充電器と、手回し充電式の懐中電灯です。



東北関東大震災の被災者の皆さんがんばって。
にほんブログ村 住まいブログ マンションへ
にほんブログ村

計画停電の除外マンション(2)

東北関東大震災と福島第一原発の事故の影響による計画停電の地区から除外されており、計画停電の無い地区に付いて考えてみました。 駅近の私のマンションが計画停電地域から除外されていたことから、 まず駅について調べてみました。

参考記事
計画停電の無いマンション(1)
東北地方太平洋沖地震

横浜市営地下鉄ブルーライン(ランダムに抽、全部は大変なのでこれで許してね、北→南の順、計画停電地区は赤字)
あざみ野 青葉区あざみ野 (田園都市線)  グループ5
センター北 都筑区中川中央
センター南 都筑区茅ヶ崎中央
新横浜駅 港北区篠原町 (JR線、新幹線)
三ツ沢上町 神奈川区三ツ沢上町
片倉町 神奈川区片倉 
横浜駅 西区高島(JR線、横浜市営地下鉄、京王線など)
阪東橋 中区弥生町五丁目
上永谷 港南区丸山台 グループ3
桜木町 中区桜木町(JR線)
戸塚 戸塚区戸塚町 (JR線) グループ3
11駅中8駅が計画停電除外

横浜市営地下鉄グリーンライン 
日吉駅 北区日吉2丁目 (東急線)グループ3
日吉本町駅 港北区日吉本町五丁目
東山田 都筑区東山田町  
都筑ふれあいの丘 都筑区葛が谷
中山駅 横浜市緑区寺山町 (JR線)
5駅中4駅が計画停電除外

ちなみに、、、
二俣川駅 旭区二俣川  京王線  グループ2
新杉田 磯子区新杉田町 JR線
綱島 港北区綱島西  東急線  グループ3
福浦 金沢区福浦二丁目 金沢シーサイドライン
この中から法則は見られませんね、

この結果を見ると、多くの駅が計画停電地区から除外されており、この近くの街は計画停電が無い地域と言えるようです。  理由ですが、駅周辺の街の機能が止まると、商業施設、町医者などの医療施設が機能しなくなり、この周辺の住人の生活が成り立たなくなるからではないでしょうか?


次に、東京電力の支社、支店について調べてみました。
東京電力鶴見支社 鶴見区鶴見中央
東京電力横浜支社 西区高島
東京電力神奈川支店 中区弁天通
東京電力中営業センター 中区長者町 
東京電力戸塚営業センター 戸塚区戸塚町 グループ3
東京電力中山営業センター      グループ2

どうやら、東京電力の方針は支社、支店は計画停電しませんが、営業センターは停電くらい我慢せい(命令!) というところが見えてきます。 電力供給の司令塔が停電になっては、計画停電の計画すら立てられません。 


防災グッズも必要です。 便利なキャリーバックのタイプもあるようです。 防災袋の銀色には意味があるので、便利な代わりに欠点もあるかも知れません。



東北関東大震災の被害が少ないことを願っています
にほんブログ村 住まいブログ マンションへ
にほんブログ村

計画停電の無いマンション(1)

東北関東大震災に始まり、福島第一原発の事故の影響で計画停電を行っておりますが、皆さんお住まいの地域では計画停電ありましたか?  実は私の住んでいる横浜のマンションは計画停電がありませんでした。 

理由はというと、単純に駅の近くからだと思います。 駅から離れた地域はしっかり計画停電されています。

私の住むマンションは横浜の田舎です。 駅の周りに商業施設、医療施設があり、そこに電力が供給されないとさすがに町としての機能が停止するでしょう。そのために、駅から離れた地域だけは停電がないのでしょう。

計画停電を行っている地域と行っていない地域があり、不公平という意見も出ているようですが、考え方を変えてみると、これはマンションの付加価値のひとつではないでしょうか?

では、どんな地域が計画停電が無くて、これからマンションを買う場合にどんな基準でマンションを買えばいいでしょうか?

答えは次回に。


災害のときにお勧めのイワタニ カセットコンロです。過去の記事でもお勧めしてます。
オール電化マンションは災害に強い?



東北関東大震災の被害が少ないことを願っています
にほんブログ村 住まいブログ マンションへ
にほんブログ村

東北地方太平洋沖地震

今日(3月11日)の東北地方太平洋沖地震はすごかったですね。 地震の揺れが「これでもか」といわんばかりに続きました。 横浜の私のマンション(震度5と報道)では、本棚の本が落ちたくらいで運良くダメージはありませんでした。 

ニュースではM8.8で国内では最大規模の地震だとか。 テレビでニュースを見ると、特に東北、仙台は津波も合わさってひどい状態です。 

今回の地震で感じた所感です。この地震で気づいたことですが、木造の家屋は倒壊しているようですが、鉄筋コンクリートは倒壊が見られないことです。(ニュースの画像なので、実態はなんともいえませんが)。

阪神・淡路大震災では、多くのビルや、高速道路が倒壊したのですが、今回の東北地方太平洋沖地震はマンションなどの鉄筋コンクリートが倒壊している様子が見られません。 これは、宮城は阪神地区に比べて高い建物が無いこと(失礼! ニュースを見た感想です)、阪神地区は早くに開発されたために耐震対策が万全ではなかったのではなかったのでしょうか?


今回の東北地方太平洋地震で、マンション業界は耐震等級の高いマンションの売り出しを考えると思います。 耐震偽装問題の直後は耐震等級2のマンションが数多く売り出されました。 しかし。現存するマンションはほとんどが耐震等級1です。 


すでに、耐震等級1のマンションを買って後悔している方も多いと思いますが、その必要はないのではないかと思います。 なぜかというと、観測至上最大のM8.8の地震でもマンションの倒壊がほとんどないということは、現在の耐震等級1のマンションでも大地震に十分耐えうるものなのだと考えています。


参考までに過去記事です。
耐震等級は高いほうがいい?


ちなみに、耐震等級は、設計住宅性能評価書の耐震等級1は極めて稀に(数百年に一度程度)発生する地震(震度6度強から7程度)に対して倒壊、崩壊しせず、稀に(数十年に一度程度)発生する地震(震度5強)に対して構造躯体に損傷を生じないレベルといわれており、耐震等級2(病院、学校レベル)はその1.25倍の地震に対抗できるレベル、3(消防署レベル)は1.5倍の地震に対抗できると定義されています。



東北地方太平洋沖地震の被害が少ないことを願っています
にほんブログ村 住まいブログ マンションへ
にほんブログ村

防災グッズ

先日の地震と台風の影響で防災グッズが売れているとか?
通販でも品切れの続出だとか・・・

これが楽天で一番売れている防災セットだそうですが、うちでも一つ買っておこうかな。







この他のグッズも楽天で探せますよ↓


8月11日 静岡地震

今朝の地震はすごかったですね。
静岡の伊豆 中部、西部で震度6だったそうです。 

私の住んでいる横浜では震度4でしたが、寝ていたところを完全に起こされました。 家具のダメージはありませんでしたが、かなり揺れたというのが正直な感想ですね。

嫁曰く、
「揺れたー、免振構造じゃなーい」


きっと怖くて正しい日本が出てこなかったのだと思います。

まあ、確かにウチは免振構造じゃないですけど。 免振構造って本当に揺れないのですかね。 誰か免振構造のマンションに住んでいる人がいましたら、どのくらい揺れたか書き込みしてください。


にほんブログ村 住まいブログ マンションへ
にほんブログ村

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。